不動産経営のコツとポイントだけでなく注意点などを見ていく

相場の情報と事実

家賃相場を自分なりに調べる場合に知っておくと良い情報

賃貸物件を見つける場合に大切なことは、家賃相場を自分なりに調べておくことです。なぜこの行為が大切なのかといえば、家賃相場を把握していると、色々な情報に惑わされることが少なくなり、本当に希望する賃貸物件を選ぶことができるようになるからです。家賃相場を全く知らない状態で不動産屋を訪ねて物件を紹介していただき、契約をしてしまうと、その家賃が高いのかそれとも安いのかはあまり考えなくなってしまいます。 しかし家賃相場を自分なりに調べて知っておけば、ある程度は家賃の高い安いが判断できるようになるため、惑わされることが少なくなるのです。また家賃相場を知る場合は、インターネットにて色々な不動産の情報を拝見するという方法が便利です。

新築物件の家賃にまつわる意外な事実

引っ越す必要が生じ、新しい部屋を探すときに気になるのは何といっても家賃です。 新しい生活への不安もあるので家賃はなるべく安くすませたのが人情です。そこで新しさにはこだわらず築年数の古い物件でもしかたないと思いがちですが、ここに意外な事実があります。 家賃相場いうものは家の新しい古いには比例しないのです。むしろ一番家賃相場が高いのは築5年くらいの物件です。 なぜそうなるかというと新しく建てられた物件はオーナーの方も部屋が埋まるかどうか不安になるからです。しかも最近は賃貸物件の供給過剰が指摘されているのでオーナーは慎重になって世間の家賃相場より低めに設定する傾向があります。 逆に築5年程度の物件は実績もあり、建物もそれほどくたびれてないのでオーナーも強気になり家賃相場も高くなりがちです。これが一気に下落傾向に転ずるのはだいたい築10年を過ぎてからです。 部屋探しをする際にはこれらの事実を念頭に置いておけば意外な掘り出し物が見つかるかもしれません。