不動産経営のコツとポイントだけでなく注意点などを見ていく

投資顧問とは

投資顧問とはどのような職業なのでしょうか

投資顧問とは元々、イギリスが発祥でしたが、現在ではアメリカ等世界中で活躍しています。投資全般に関するアドバイスをする者のことです。投資顧問には「助言」と「一任」があります。助言とは投資家に対して、投資に対するお得情報や、具体的な運用方法を提供することです。また今現在、どの会社の株がお買い得である、とか今保有している株をどのタイミングで売るべきか、といったアドバイスもしてくれるのです。一任とは顧客から資金を預かって、そのお金を運用して、うまく収益が出た場合、その資金提供額に応じた配当を、資金提供者に再分配することです。助言と一任の決定的な差とは、助言は最終的な判断をするのは自分自身ですが、一任は最後まで顧問に判断を任せる点です。

良い投資顧問の条件とは何でしょうか

昨今の投資ブームの影響もあり、最近ではより多くの人が様々な形で投資を行っています。その際に投資関する有力な情報をプロならではの視点から、提供するのが投資顧問です。私たちはたくさんの投資顧問の中から選ぶことができますが、良い投資顧問とはどういったものでしょうか。ひとつめは「料金が良心的であることです」いくら収益を出すことができても、その手数料が割高であったり、よくわからない手数料を請求する等、料金体系が不明瞭な会社は避けるべきです。次に「いつも良い評判を聞く」ことです。投資家にとって共通の目的は、「より多く儲けること」です。よって、投資家同士のネットワークで評判の良い投資顧問会社を選んでください。