不動産経営のコツとポイントだけでなく注意点などを見ていく

最新の記事

始めるポイント

中古マンションを利用して投資を始めることができます。マンションを他人に貸すことによって、家賃収入を貰うことができます。そういった投資をするためには、正しい知識が必要になってきます。

相場の情報と事実

不動産経営の際には家賃相場の調査が必要不可欠になります。相場を把握しておくことで、比較して自分に最適な物件を選ぶことができます。また、お得な物件探しにも役立つ情報も紹介します。

投資顧問とは

投資顧問という職業を聞くと、投資に関する職業ということは分かりますが具体的にどのような仕事を行なうのか知っている人は少ないでしょう。投資に関する知識をもっているスペシャリストです。

相場価格と傾向

投資用中古マンションの相場価格について

投資用の中古マンションの販売が好調です。不動産価格の下げ止まりを受けて、新築マンションが値上がりの兆しを見せる中で、価格の安い中古マンションが注目されているわけです。たとえ築年数が浅いとしても、すでに新築と比べれば1割ほどは安くなるケースが多いことに対して、家賃収入は新築とほぼ変わらないという利回りの高さが魅力となるわけです。 築年数が経つほどに値下がり率は高くなってきますが、それに対して賃貸の家賃金額はそれほどには下がらないのも特徴となります。もちろん、あまりに古い物件や内装の手入れをきちんとしていなければ、投資用としての魅力は下がることになります。適切に管理されているものであれば、魅力の大きなものとなるわけです。

金額における傾向について

投資用としての中古マンションの金額も、新築同様に値下がり幅は少なくなってきています。賃貸用としての需要の多い地域ともなれば、なかなか値下がりしないケースも見られるようになってきています。そのために、利回りの高い物件の選別が難しくなってきています。 とはいえ、新築と比べればまだ金額は安いものですし、リフォームすることによって付加価値をつけることもできます。そのリフォーム費用も、費用対効果を考えたものであれば、十分に投資としてのメリットは大きなものが期待できます。現金を保有したり、あるいは定期預金に預けるよりも、中古マンションで賃貸運用した方が高い利回りを期待することができます。場所によってはまだまだ魅力あるものが見つかるものです。